傷・汚れがあっても買い取ってもらえるの?

買取自体は可能です!

購入した時はピカピカのブランド品でも、使用しているうちに傷ついてきます。傷ついたブランド品は売れないと思っている方が多いですが、実際は売ることが可能です。しかし、傷がついているということで過度な期待は禁物です。誰の目から見てもピカピカのブランド品と傷がついているブランド品を比べると魅力的に見えるのは前者です。例えそのブランド品が高価買取だとお店がアピールしていても、ケースバイケースであることを理解しなければいけません。
傷の具合がひどく、ボロボロの状態でも諦める必要はありません。この場合は例えブランド品でも数百円程度の買取価格となりますが、捨てるにしてもゴミ袋代などお金がかかるので数百円でも売った方がお得です。

状態が悪くても誰かが欲しがる

綺麗なブランド品だけが欲しいと願う人は多いです。しかし、状態は悪くても構わないのでとにかくブランド品を持ちたいという方もいます。その方たちにとって安く売られているブランド品は格好の獲物です。なので、自分だけの感覚で勝手に「価値がないだろうから売らない」と決めつけるのではなく、欲している人がいるはずだという思考で売りに出すことが大切です。自分にとっては使い慣れて飽きたブランド品でも、他人にとっては初めて見る魅力的なブランド品かもしれません。
ただ、愛着がある場合はむやみに売る必要はありません。売った後に後悔しても遅いので、記念にプレゼントされたブランド品は所有しておくことも大切です。大抵査定は無料なので、査定してもらってから判断するのも手です。